イチゴといえば、今くらいまで食べ放題のバスツアーなども全国で開催される人気の植物です。
基本的に耕運機と言えば、玉ねぎ、にんじんなど色な野菜に対応していますね。

ただ、中にはいちごの専用耕運機などもあるようです。

いちごは20センチくらいの深さに植えるのが良いですが、
イチゴ専用耕運機であれば、イチゴに適した深さで埋めれらます。

そのため、今まで手作業でやっていたことを耕耘機で代用もできるとか。

イチゴ専用耕運機で見かけたのはオーダーメイドのもので、いくらと決まった金額はないようです。なので、実際に問い合わせが必要ですね。

オーダーメイドだと料金は高くなりそうな気がしますが、当然畑にあった大きさに作れたりとオーダーメイドならではの良さもあります。


イチゴの栽培をするときには、こうしたものを探してみるのも良いかもしれません。
イチゴ農園などではイチゴ専用耕運機が結構使われているみたいですね。

いちごの専用耕運機の話題とは少し違いますが
ホンダ耕運機の50周年イベントでイチゴの栽培ツアーなどもやっていたとか。