家庭用耕運機といっても、クボタやヤンマー、ホンダといろいろなメーカーが販売していますね。


それぞれに特徴があり、いろいろ見ているとどれも良さそうで目移りしてしまいそうです。


それぞれの耕運機の良さを比較したランキングなども見かけますが、


やっぱりわかりやすいのは実際にどれくらい売れているかですね。


少し前にピアンタが発売から一年で10000台を売り上げていると目にしましたが、他の耕運機の売り上げ台数はなかなか目にしませんね。


レンタルなどでもピアンタが多いので、ピアンタはそういう意味では人気の機種なのかなと感じます。

それは二、三年前の記事なのでもちろんそれから販売台数はより増えているでしょうし、
家庭用耕運機は3000-5000台売れるとヒットの部類になるそうです。


今、どの耕運機に関心のある人が多いか気になるときには価格.comのランキングなどを見てみると良いかもしれませんね。


見られている順で表示されるので、見られているということはそれだけ関心の多い人が多いということだと思うので。